情報商材がただで読めることについて。

レポートスタンドは、情報商材をタダで読むことが出来るので便利なシステムだと思います。情報商材は、基本的には高額でたいしたことのないものだと思っているので、メールアドレスを入力すれば何か読むことの出来るサイトがあるおかげで、情報商材での詐欺にあわずに済んでいます。タダで読めるものは、程度が低いものもありますがそれなりに使えるものに出会ったこともあります。このような情報は、お金をかけずに収集したほうが、結果としては良いかもしれません。

タダで公開されているものだと、自分でも思いつきそうな内容になっているものがほとんどです。これで、稼いでいる人がいると思うとどうなのかと思いますが、メールアドレスを入力しているだけなので実害はそれほどないかと思います。メールマガジンは送信されてくるだけですか、後で配信停止にしてしまえばよいので大きな問題にはならないはずです。情報商材に必要なのは、適切な販売価格と販売業者ではないでしょうか。今は、タダレベルが多すぎです。

情報商材が売れてしまう原因は、現在の経済情勢が問題なのではないでしょうか。お金がない人に、月いくらを楽に稼げると書かれているものであれば、買いたくなるものではないかと感じてしまいます。このような心理戦をすることが、問題だと思います。有料で売っている業者は、これを販売するときにどう思ったのでしょうか、自分が儲かればそれで良いと思ったのかもしれません。そのような考えは改めてほしいものです。これからの時代、どうなっていくか分からないので今のうちから改めてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加